防犯のことなら店舗に特化したセキュリティハウスへ。スーパー、コンビニ、美容室、飲食店様等へのセキュリティシステムをご提案致します。
HOME私達に解決できること > バイトテロ

バイトテロ

バイトテロ」と呼ばれる行為の多くはアルバイト店員が商品や什器を使用して悪ふざけを行う様子を撮影し、写真や動画をSNSに投稿する行為のことを指します。

大半は悪ふざけの実行者であるアルバイト店員と撮影者の2名以上が関与。ただし中には、監視カメラに記録されていた有名人のプライベートな映像や写真を無断でSNSに公開するなどの単独行為も含まれています。
● コンビニ店舗でおでんの具材を口に入れてまた吐き出した画像をアップ。

● ピザ店でシンクに従事員が入り込んだ映像をアップ。

●寿司チェーン店でゴミ箱に捨てた魚を再度まな板に乗せて調理している画像をアップ。

こうした映像がSNSにアップされ、炎上。翌日にはクレーム電話が鳴り続き、経営者は謝罪、休業、最悪の場合には廃業に追い込まれています。

加盟している本部としてもイメージダウンはもちろんのこと、謝罪、周辺店舗の休業、再教育など多くの損害が発生しています。
法的にはどういう罪になるかというと、
刑事
●信用毀損罪・業務妨害罪
●商品や什器を破壊した場合は器物損壊罪
●不衛生な状態に置かれた食品を販売・提供した場合は食品衛生法違反

民事
●什器のクリーニングや顧客に対する返金、商品の返品・交換、また営業休止や閉店に追い込まれた場合、契約解除に対する取引先への違約金や、解雇される従業員(バイトテロと無関係な従業員)全員の給与補償、テナント立退き料など

実際にバイトテロを直接の動機として閉店に追い込まれ事件では元店員に対する巨額の損害賠償請求が発生したケースも多いです。
当然学生のため、その請求は両親にもかかり家を販売したりといった家族にも大きな損害が発生しています。

バイトテロの現場を撮影してSNSにアップロードした撮影者も、実行者と同様の法的な責任を問われます。

一時のふざけた気分で掲載した動画が当人たちの人生も大きく変えています。退学、決定していた就職もなくなり、引きこもりなどその後の人生を大きく狂わせています。
こうしたバイトテロを発生させないために

バイトテロ抑止のカギは「職場環境」を整えること

● 就業中に個人携帯電話などを持ちこまさない仕組み作り
● 雇用契約時の契約書で縛る
● 「こうした行為はしない」といった細かい行動規制の制作と教育の徹底
● 店舗として小さな不正行為や悪ふざけも許さない、という強い姿勢と管理の徹底。

従業員にSNSで日本中の人に知られることは、顔見知りに知られることとは次元が違うことを理解させること。過去に不適切な動画を掲載した従業員が損害賠償請求や退学、引きこもりなど人生を大きく狂わせてしまったことなどを説明して理解させることが重要です。

また、「企業やお店が、誠実にビジネスを進めることも大事」。

単なる悪ふざけからだけでなく、店舗や企業に対する不満、反発が背景にあることも多いです。残業不払いや長時間労働などが日常にある店舗では不平不満を多くの従業員が抱えています。
また、店舗自体が衛生面で問題な料理方法が蔓延していたり、消費期限の過ぎた商材を使用していたりしていては、モラールの低下は必然です。
日常の敬語使用や無駄話しない、整理整頓など細かなことからきちんと行うことが重要です。

過酷な環境かつ安い賃金で働かせていれば、従業員もうっぷんが溜まり、辞める前にお店を困らせてやろうと思いかねません。

反対に、働きやすい環境、自分のことを認めてくれる、大切に考えてくれる、人間関係も良い。居心地も給与も悪くない。
そんな職場環境では長く勤めていきたいと考えます。
クビになりたくないからちゃんと働こうと思います。

企業側が誠実な経営を心掛ければ、『不適切なことは許されない』という空気も生まれます

常に管理者の目が届く、問題が見える化するマネジメント

多くのバイトテロは、経営者や管理者が店舗にいない時間帯に発生しています。
問題は管理者不在の現場で起きているのです。

遠隔マネジメントシステムI-NEXT なら、その場にいなくてもそれ以上の効果。いつでもどこからでも店舗の状況を見たい場所にカメラを動かしながら管理者は動画と音声で確認できます。

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、店舗内に侵入させない。店舗を盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システム。

i-NEXTの特長

いつでも、どこにいても店舗の状況を動画+音声で確認。経営・教育・販促に。優れた操作性、高いセキュリティ性。

防犯のプロ達

興梠 高春(技術部部長)

興梠 高春はセキュリティハウスコアの技術部長。システムの施工・保守管理および設置先のお客様への新しい商品・システム提案を実施しています。

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集