防犯のことなら店舗に特化したセキュリティハウスへ。スーパー、コンビニ、美容室、飲食店様等へのセキュリティシステムをご提案致します。
HOME防犯システムを目的別で探す > 情報漏洩を防ぐ
防犯システムを目的別で探す

情報漏洩を防ぐ

個人情報の窃盗に要注意!

パソコンを見る男性

店舗や商店への侵入窃盗事件の認知件数は、平成23年度で11,868件です。

この数字は全侵入窃盗事件の約9.4%を占めており、
前 平成22年度の12,463件より9.5%減少しているものの、
依然 高い数字だと言えます。


店舗や商店への侵入窃盗事件は主に夜間に発生することが多く、
商品や現金はもちろん、最近では顧客情報や名簿目当て
パソコンなどが盗まれる傾向にあります。


パソコンが盗まれてしまうと顧客情報が漏洩し、
社会的な信用を失ってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

店舗の信用を守るためにも、
パソコンなど顧客情報を管理しているものが盗まれないように防犯対策を施しておきましょう。

個人情報の漏洩

顧客情報や名簿などを電子データとして取り扱うのが当たり前の世の中になりました。

外部記憶媒体が大容量化したこともあり、
一度に大量の個人情報が流出してしまうという危険があります。


個人情報は売買できる為、
店舗へ侵入した犯人が現金や商品以外の金目のものとして盗むこともあり、
泥棒被害に遭った結果として個人情報漏洩事故に発展したというケースも少なくありません。


個人情報漏洩の原因としては下記が挙げられます。

●泥棒が入り、パソコンが盗まれた。

●車中に置いていたノートパソコンが車上荒らしにより盗まれた。

●ノートパソコンの紛失や置き忘れ。

●個人情報を保管していた媒体(CDなど)の紛失。

●パソコンの操作ミス。

●コンピュータウィルス、ファイル共有ソフト(Winnyなど)による情報漏洩。

●インターネット上での情報開示。

●従業員が意図的に個人情報を抜き取り、持ち出す内部犯行。

●個人情報が記載されている書類の紛失。

●個人情報が記載されている書類を破棄するとき、処理が不十分だったため、読み取られる。

●フィッシング詐欺などで個人情報を盗まれる。


個人情報は漏洩してしまうとフィッシング詐欺や振り込め詐欺、
あるいは架空請求などの犯罪に利用されることが非常に多い為、十分な注意が必要です。

顧客データの取り扱いは慎重に

同じ社内だからといって、顧客データを安易にメールで送信してはいませんか。

たとえ社内であったとしても、きちんと暗号化してから送信するなど、
個人情報を扱うにあたって職員への教育が必要不可欠です。

また、万が一の漏洩事件を想定して、緊急対応訓練の実施なども日頃から行っておきましょう。


顧客データの入力を委託している場合には委託先に対して必ず契約内容の見直しを行い、
責任を明確化しておくことが大切です。

その他セキュリティ教育を確認し、再委託先が存在するのかどうか、
存在した場合には、各々の責任、個人情報取り扱い状況の確認などきちんと把握しておきましょう。


信頼度を上げるためにも、「プライバシーマーク」を取得しておくことをお勧めします。

(認定されるためには、サーバルーム、情報保管場所などへの入退室管理が必要です。)

又、店舗で多いのが従業員が独立時に自分の顧客データを持って出るということです。顧客名簿などの保管は厳重に行い、IDパスワードや暗証番号などの管理を徹底する、などを行うとともに、日頃より顧客名簿は機密書類扱いをして社員教育を徹底するといったことが必要です。

情報漏洩対策には、

・情報を取り扱う建物、部屋への侵入警戒システム(自主機械警備システム)

・情報を取り扱う部屋への入退出管理システム

・入退出管理システムに連動して自動的に入室者の映像を録画する防犯カメラ

パソコン持ち出し防止システム

・USBなど金属物持ち出し防止システム

などがあります。

情報を取り扱う部屋への出入りを制限し、権限のある社員のみが入退出できると同時に、パソコンに誰が、いつ入退室したかを記録します。
また、重要機密を扱う書類を保管する書庫の鍵を「キーボックス」で管理し、入退出管理システムと同じカードで鍵の受け渡しを制限することができます。

パソコンそのものが盗まれる窃盗被害が多発しています。
パソコンの中に顧客情報など機密情報が入っていますのでパソコンの持ち出しを検知し知らせるシステムも非常に効果的です。

パソコン盗難に対する対策「パソコン持ち出し防止システム」

入退出管理システムACスマート。お財布携帯、フェリカカードで電気錠を解錠。誰が何時に入退出したか自動記録。

データ処理を行う部屋への侵入者を検知する室内警戒用センサー。

暗闇でも鮮明な画像で録画する赤外線照明内蔵ディナイトカメラ

USBメモリーや部品持ち出しを検知する金属探知器。
お問い合わせフォーム

関連の防犯システム

デジタルレコーダー(DVR-H1630)

デジタルレコーダー(DVR-H1603)

映像入出力16チャンネル。H.264デジタルレコーダーにDVDドライブユニット、カメラコントロール機能、ネットワーク機能、ミラーリング機能搭載。
詳細はこちら

スーパーデイナイトカメラ

スーパーデイナイトカメラ(VSC-IR981W)

赤外線照明内蔵のデイナイトカメラに超広角対応の3.5倍バリフォーカルレンズを搭載。三次元ノイズリダクション機能、電子感度UP機能も搭載し、高画質・高感度化を実現!
詳細はこちら

関連の納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、店舗内に侵入させない。店舗を盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システム。

i-NEXTの特長

いつでも、どこにいても店舗の状況を動画+音声で確認。経営・教育・販促に。優れた操作性、高いセキュリティ性。

防犯のプロ達

近藤 弘一 防犯設備士

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集