防犯のことなら店舗に特化したセキュリティハウスへ。スーパー、コンビニ、美容室、飲食店様等へのセキュリティシステムをご提案致します。
HOME防犯システムを場所別で探す > 店舗・コンビニの防犯システム
防犯システムを場所別で探す

店舗・コンビニの防犯システム

店舗

平成25年度警視庁統計資料によると、

「商店」への侵入窃盗は全体の8.3%です。

発生割合は一般家庭の58.7%に比べると

少ないように感じられるかもしれませんが、

店舗には現金や商品などがあり、

一件あたりの被害金額は高額になります。

 

 

 

侵入手段としては、「ガラス破り」の被害が最も多く、

全体の38.6%にも及び、

侵入口の内訳としては、「窓からのガラス破り」がもっとも多く、

「表出入口のガラス破り」が続きます。

 

 

また、学生の多い場所では遊び半分に万引対策のされていない店

(万引防止器のゲートが設置されていないことを確認)で

万引きをするという被害が多発しているため注意が必要です。

店舗の防犯・マネージメントに最適なセキュリティシステム

私たちセキュリティハウスの防犯システムは、

店舗の防犯、マネージメントに効果を発揮する「カメラ監視システム」。
多くの店舗をかかえるチェーン店などに最適の「多店舗集中管理システム」
です。

 

店舗の状況をいつでもリアルタイム映像で確認できるため、

防犯だけでなく、お店の経費削減や業務効率の改善に役立ちます

お客様からも、売り上げが上がったなど、喜びの声を頂いており、

多くの効果を発揮している店舗経営の強い見方です。

また、各システムとも侵入警戒システムと組み合わせることで、より効果的を発揮します。

 

店舗の犯罪事情 【防犯泥棒大百科】

場所別防犯

売り場

ブックセンター向け映像監視システム

店舗内の状況を確認でき、万引きの防止や従業員の接客レベルの向上につながります。

4台のカメラ映像を1画面に合成して1台のモニターに単画面、4分割表示することができます。

大型スーパー

大型スーパーであれば、各階にセンサーを導入し、多チャンネルコントローラで一括管理が出来ます。

コンビニ2

駐車場

駐車場

駐車場には、夜間も鮮明な映像が録画できる赤外線証明内臓型デイナイトカメラをおすすめします。

バックヤード

コンビニ

コンビニのバックヤードやレジ付近には、カラーCCDカメラやハウジング型スーパーデイナイトカメラを設置。

屋外 外周り、出入口

中古車センター

屋外の展示場内にはハウジングスーパーデイナイトカメラ、事務所にはカラーカプセルカメラを設置し、一台のカラー液晶モニターで一括監視が可能です。

事務所 金庫室

金庫室内

金庫室内にもセンサーを設置。不審者が侵入すればLEDフラッシュマルチサイレンで警報音を、また、ネットガードや霧を吹き出すフォクガードで動きを鈍らせます。

コンビニ

コンビニが強盗に狙われやすい理由

コンビニ

お店への侵入強盗で最も多いのは、

新聞やテレビのニュースでよく取り上げられている、コンビニです

それには、下記のような理由が挙げられます。

・24時間営業や、そうでなくても夜遅くまで営業している店舗が多い

・客足が途絶える時間帯がある

・店員が1人になることがある

・郊外型の、周囲に人が少ない立地の店舗が多い

・疑われずに下見がしやすい

・現金の入っているレジの場所がわかりやすい

しかし、これらはコンビニである以上

店舗運営において避けられないことなので、簡単に防犯のために変更できるものではありません。

従って、コンビニを運営・管理する経営者は

まず防犯対策をしっかり考えて、万が一に備えることが非常に大切です。

コンビニ強盗の被害額 大半は少額

コンビニ強盗は100万円を超えるような大金を期待しているのではなく

あえて「少額」を奪おうと企んでいることが多いのです。

なぜなら、店員は重傷を負ったり命を落とすよりは抵抗せずにお金を渡すことを選ぶだろう…と
強盗が想定しているからです。

そして、日本中に沢山店舗があるので、選びやすい

「ちょっとお金に困ったから盗みにいこう」と

安易な気持ちで強盗に入れる店としても見られているようです。

防犯対策をしっかりと

コンビニ強盗犯の大半は包丁、ナイフなどの凶器で店員を脅し、

金銭を奪うというケースが多いようです。

そのような強盗犯が侵入しないために、各所に適したセキュリティ機器を設置し、

「簡単に強盗できない」と思わせられる店舗にしましょう

尚、被害額も少ないなら防犯対策は

それほどしなくて良いだろうという考えは極めて危険です。

侵入してきた強盗犯はお金を奪うだけでなく

店員やお客様に被害が及ぶ凶悪な行動を取ることもあるのです。

数千円のことで人を殺害する事件も起こっています。

店員とお客様をこのような被害に遭わせないためにも、

しっかりとした防犯対策を行う必要があります

→店舗・コンビニに最適な防犯システムについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

 

お問い合わせフォーム

店舗・コンビニの防犯システム

転倒検知送信機

転倒検知送信機

人が転倒してから設定時間以上経つと警報音で報知、無線信号を自動送信します。
詳細はこちら

炎センサー(FS-6000)

炎センサー(FS-6000)

30m先の炎を瞬時にキャッチする超高感度な炎センサー。音声報知機能付で屋外設置も可能。
詳細はこちら

店舗・コンビニの納入実績

資料請求

無料防犯診断

お問い合わせフォーム

ページトップへ

資料請求はコチラ
自主機械警備システムの特長

狙わせない、店舗内に侵入させない。店舗を盗難・火災・強盗等から守る。自分で守る時代の最新システム。

i-NEXTの特長

いつでも、どこにいても店舗の状況を動画+音声で確認。経営・教育・販促に。優れた操作性、高いセキュリティ性。

防犯のプロ達

若松 史朗

若松 史朗

防犯のプロ システムエンジニア部 若松 史朗 のプロフィール

一覧はこちら

お近くのセキュリティハウスを探す
加盟店募集
モバイルサイト
Facebook
リンク集